2017/07/16 野間 赤瀬 ★★☆

類は友を呼ぶ

このような言葉がありますが、強く実感した釣行となりました。

今回の釣行は7/15の夕方から7/16の昼までという、20時間に及ぶ釣行です。
私も大概釣りバカだと思うのですが・・・このようなプランに3人も集まりました。

いやぁ・・・類は友を呼んでますねェ。

メンバーはブログにも何度か登場しているY氏、そのお師匠様のT氏、私の3名。
真夏の磯に遠征です。

遠征先は野間池。

午前11時に集合し、お昼ごはん休憩を含めて現地到着が午後3時過ぎとなり、約4時間を要しています。

お世話になった渡船は第三栄進丸さん。
T師匠が旧知の仲で、ずいぶんと良くしていただきました。
KIMG0397_20170719182820189.jpg

 上礁したのは赤瀬という瀬。当然、初めての瀬です。

段々と近づいて・・・・
KIMG0400.jpg 

沖からの写真。正面が赤瀬。地図の通り、正面の離れと島の間には水道があります。
KIMG0402.jpg 
瀬を背に左手
KIMG0403.jpg 
瀬を背に右手
KIMG0404.jpg 

ロケーションは最高。気分は離島です。
ちなみに、甑島もここからシルエットが見えます。

上礁してからは3人とも思い思いの釣りを始め・・・られません。
暑い、暑い、暑い!暑すぎる!
T師匠も思わず、「殺される!」と洩らほど。
この日は本当に暑く、鹿児島市内で35度の予報。しかも、無風・・・

そうは言いながら、一息ついて釣りを始めます。
Y氏は底物、T師匠はカゴ、私はするる~と、統一性がありません(笑)

生粋の上物師、トーナメンターはこんなときでもメジナ狙いを貫くストイックさをもっているのでしょうが、我々にそんなものはありません。
釣れればええんです。(釣れないこと多いですけどw)

さて、潮ですが・・・すごい勢いで下っています。
宮崎では基本、沖を見ながらだと左から右に流れるのが下りなのですが、ここは東シナ海。
右から左に下り潮が走っています。

瀬を背に左手の写真がありますが、これは最初に構えた釣座からの景色です。
この位置では、下り潮が背中から正面の瀬(ネヤ)に流れていきます。

一般的なするる~仕掛けでガンガン流して行きます。
100mぐらいで、ネヤに到着してしまうのですが、その間を攻めます。
攻めます。
攻めます・・・。

あれ?意外と反応がない。餌も取られない。
なんだこれは!?と焦ります。
結局、この場を諦め、反対側に回ります。

 ※今だからわかること
  流れが早くてタナまで落ちていなかった。
  翌朝はリベンジに成功しています。

瀬を瀬に右手の写真の通り、入り組んでいます。
しかし、ところどころに深い溝があり、面白そうな地形。

こういうところではアイツがいるに違いない・・・
完全に当て潮で、流しながらリールに糸を巻き取り、無理やり張りを作って釣ってみます。

そうえばこの釣座で釣りをしていて違和感をおぼえます。
「ウキが沈むのが少し速いんでない・・・?」
重りは付けていませんし、いつもの仕掛けですし。
ひょっとしたら、連日の雨で塩分濃度が薄くなっているのかもしれません。
もしくは、太平洋側と東シナ海側ではすこし平均の塩分濃度が違うのかもしれません。
宮崎は黒潮の影響を受けると、思いっきり塩分濃度が高くなるのでは???
などと、考えていると・・・

コ、コココココン・・・

お、かわいいアタリですがバシっと合わせます。
KIMG0407.jpg KIMG0406.jpg 
そうそう、彼らです。こういうところには居るんですよね。
2匹ほどゲットしました。大きさはいずれも30cm程度までの中型。いい感じです。

こんな感じで過ごしていると、綺麗な夕日が。
KIMG0408.jpg 
ん・・・?
沖に夕日が沈む・・・?
という部分に違和感を感じるようになると、宮崎にも慣れたなぁと実感します。

KIMG0417_201707191828366f4.jpg 
夜が来てしまいました。流石にキレイに撮れませんでしたが、半月がでています。
夜になるとモンスターエンカウント率が高くなる。だから城の上部2マスを歩けば・・・
大物への期待が高まります。

ここでY氏。
夜釣りは底物ではなくするるーをやっていました。
ほぼ真下をミャク釣り感覚で攻めていたのが印象的です。
KIMG0414_201707191828333c6.jpg 
でっけ~~~オジサンw
大事なところが手で隠れて見えない写真でごめんなさい。
これはホウライヒメジです。
Y氏はこの後も色が薄く、側線にそって筋が走っているオジサンを釣り上げます。
写真がなくてすいません。オオスジヒメジです。

一方の私・・・
夜は水道側で流しますが、流れはとどまるところを知りません。
ガンガンに流れていきます。少なくとも大淀川の下流域よりは流れが速い状況。
昼間ゴロタを確認していた位置にあうように投入していきます。

しかしアタリがなかなか出ません。
重りをどんどん追加していきます。3Bの重りが4つほどついています。
それでもあたりがありません。チモトに発光玉を追加します。
もしこの発光玉を買われる際はソフトタイプをおすすめします。
理由は後付けできるからです。
管付きのカンを通す際には少し往生しますが、なんとかなります。

いれこんでいくと、パラパラパラパラ・・・
お、アタリです。
KIMG0410.jpg 
君かーい!
カマスちゃんです。ものすごく太いです。
はっきりしない写真で申し訳ないですが、恐らくオニカマス。
カマスもあまり身近ではなかったので、なかなか種類が同定できません。
特にオニカマスとオオカマスなんて・・・

しかし、こうも流れが早すぎては釣りになりません。
ゆるい所をもとめていきます。
(この安易な妥協はだめだったとあとで反省しています。)

ここでT師匠がタモ!と叫んでいます。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

KIMG0416.jpg 
ド本命のフエダイ。本シブ!
見れば見るほど腹パンで美味しそうな魚体。
ネヤ側に流していくと、その途中で当たってきたとのこと。
さすが師匠ですね。経験が違います。※T師匠はこの後も良型のイサキ、メジナを追加されました。

一同テンションと気合が高まります。

が、しかし!
この後はぱったりとアタリが消えてしまいます。

なんやかんやしながら、ついに明けてしまいます。
KIMG0420_20170719182839f8d.jpg 
朝のいい時間帯はすいません、写真もとらずに夢中に攻めてました。

色々移動してみたのですが、やはり水道がポイントである気がして攻めます。
よく考えたら、重りはガンガン追加していましたが・・・反省してみます。
根掛かりするほど攻めたのか・・・?否、そこまでは攻めていない。

ということで、重りをもっと追加して攻めます。根がかるなら根がかってしまえ!

流れで糸が走っていきます。
それよりもひときわ速くバラバラバラバラっと出ていきました!
KIMG0419.jpg 
うほっ
大きめのホウライヒメジ。
ホウライヒメジとオキナヒメジはよく似ています。
ホウライヒメジは尾びれの黒点が側線を超えるのが特徴です。

ここからオジサンラッシュで、3枚追加しました。
ホウライヒメジ2枚、ウミヒゴイ1枚です。写真なくてすいません。

そして、最後の場所移動で瀬を背に左手を再び攻めます。
ネヤに向かって流れるところ。
夜の反省を活かし、ガンガンに沈めていきます。

ガツン!

ときてくれました。最初のトルクはすごかったですが、比較的ラクに上がってきます。
KIMG0421.jpg 
やっぱりおるやんけ~~~!
クロホシフエダイです。ド本命ではないものの、これも美味しい魚。
こいつは30~35cm程度ながらも、チヌやメジナとは比べ物にならないほど引きます。
不思議ですね。

同じように攻めていくと、もうちょっと強い引き!
こいつも最初のツッコミが速い・・・
KIMG0422.jpg 
んがっ!っと強引にあげたのは同じくクロホシフエダイ
この個体はタモ枠との遠近法で先程と同じ程度にみえますが、もっと大きいです。
40cmを超す個体でした。

こいつを最後に惜しみながらも竿をたたみます。

でもね、もう限界ですよ~。
これ以上居たら、ころされる!


名残惜しくも瀬を後にします。
KIMG0423.jpg 
帰りの道中から撮った瀬の遠景。
KIMG0429.jpg 
そして、疲れきった体を温泉で休めます。
KIMG0430.jpg 
これがまた、最高なんです。アビバビバビバビバ


次の日、魚を料理していただきました。


船長からいただいたハガツオとアカハタ
KIMG0432.jpg 
オジサンの煮付け
KIMG0433.jpg 

おじさんが釣ったオジサンをおじさんが調理しておじさんが食べました。
まさに、類は友を呼ぶ。

ということで、野間池。
また行きたいですね~!

スポンサーサイト

今日は夜釣り

鹿児島は南薩の野間に遠征です。
Y氏と、その釣り仲間でらっしゃるT野師匠。


するるー、フカセビッグゲームスタイルで望みます。
お世話になるのは栄進丸さん。
残念ながらブログなどはありませんが、同じ野間池出船の船のブログをみていると、フエダイも結構あがっているよう。
ただ、クロホシが多いのが気になるところでしょうか。

色々と夜釣り道具も用意していますが、今回はどうなることやら?

おぉ、そういえばあららさんが大型のタマンを揚げられたそうです。すばらしい。
これは負けられませんね。
目指せ60cm以上!

それでは、行ってきます。

2017/07/08 大島 ヤヒョウ ★★☆

ヤヒョウでウヒョー!


ということで、ほぼ背水の陣の夜釣り。
かいゆう丸さんであららさんと出撃してきました。

港について船に荷物を積み込みながら、船長と会話していると・・・
さ~、今日はどんげすっかね。ヤヒョウでも乗ってみる?
なんて、嬉しい一言。乗って良いんですか!?
なんて思わず返してしまいました。

というか・・・
ヤヒョウで釣れなかったら本格的に釣れる気がしない!

名礁ヤヒョウの釣り場あんないはコチラ
※外部サイト:九州釣り場データベース>宮崎県>日南市>大島>鞍崎鼻


過去にも、秋田から釣りのために来ていた友人(かなり年上なのにすいません)と乗った際にシブもあがった大好きな瀬です。

Mさん 
このときはノリがびっしりで、大変スベリやすい状況でした。
そういえば、半年振りにヤヒョウに乗せたとか仰ってましたかね・・・。

ですが、今日は大丈夫。
ノリシーズンは過ぎていますし、全然スベリません。

このときはシブダイにアオノメハタ、ヒラスズキなんて釣れた覚えが・・・
泳がせでとんでもないのにぶち切られたりもしましたね。

さて、そんな思い出に想いではなく竿を馳せます。

高岩側から双子岩側に抜ける潮で、ゆっくり下っています。
撒き餌に反応する魚もちらほら見え、悪くないように思います。

ウキがす~っと沈んだので糸を持って張っていると・・・プリプリっと走ります。
バシっと合わせると、見慣れない顔。

君、だれ?
いそごんべ 
お初にお目にかかりました魚はあららさんが即答。イソゴンベですよと。

えー、、、名前すら知りません。
南方系のカサゴらしいですが、私にはウロコや模様からブダイにしか感じられない。
ヒレはたしかにカサゴですね。

でも、ブダイも似てません?きっとあいのこです。笑

※外部サイト 串本海中公園 ブダイ

続いてお目見えしたのはメガネハギ(雄)。
これもモンガラ1種程度としか認識してませんでした。

メガネハギ 
カワハギと似ているからってカワハギのように上品なアタリで上品な引きではありません。
結構ガツンと持って行きます。凶暴性が違います。


お、あららさんもカゴでいいものを釣り上げたようです。

あららさんアカハタ 
糸が太いので、そうは感じないかもしれませんが、中々の良型です。
目測では35~40cm。

しかし、なかなか続きません。
そうこうしているうちに夜中になります。

KIMG0326.jpg 
そうです、今宵は満月がきれいです。
夜間になると、夜釣りの代表魚があたってきます。

KIMG0329.jpg マツカサ 
彼らは種類が多く同定が難しい魚です。。。
アヤメエビス、イットウダイ、ナミマツカサ、アカマツカサ、、、いろんな憶測が飛びます。
正直、私レベルでは断定はできません。

しかし、彼らと遊んでばかりもいられません。
本命について思案します。
フエダイ(シブダイ)という魚は光を嫌う傾向があるとどのような情報を見ても書いてあるのですが、意外と昼でも釣れる魚です。憶測ですが、パッと照らされる明かりなどに弱いのではないでしょうか。水島でのシブダイの行動を見ていると、物陰からメジナのように食い上がり、反転食いを行う姿を見かけます。

ということは、月明かりに対して物陰になるところを狙うべきなのでは?

仮説を立ててポイントを移動します。
上の方に載せた写真にもありますが、ヤヒョウは大島本島の間に水道があります。
こちらが影になるのではないかと狙いを定めます。

しかし、水道にはサラシが出ているわ、流れは速いわでなかなか大変。
ハリスが太くウキが大きい分、抵抗を受けて浮く力が強いようです。
なかなか仕掛けが沈みません。

ここは北九州の若松運河だ・・・と考えを固め、ハリスに3Bを段打ちにしていきます。
4つほど打ったところで答えが出始めます。小さなアタリを捉えました。

ゴマヒレキントキ ホウセキキントキ 
同じく光を嫌う、夜行性の魚。ホウセキキントキとゴマヒレキントキ。
彼らは目が光ります。それもあってか、宮崎ではキンメと呼ばれています。
これらが数匹つれ、潮が緩んだところで良型のカサゴも追加できました。

潮が緩んできたせいか、夜が深まったせいか、アタリも意識も遠のきました。
あららさんも休憩モードに入ったところで、私も再び釣座を水道からヒラセ方面に戻します。

すこし遠投すると、こんな魚が・・・
オオカマス
おそらくオオカマスでしょうか。
オニカマスとの区別がこれだけでは難しい。
写真の取り方がわるいですが、40cmぐらいある太いものでした。

海の雰囲気が変わってきたなぁと思いながら、色々工夫を重ねます。
当て潮を釣ることになりますが、高岩側にある瀬の横から掛け下がり狙いで流します。

バチンッ!!!
バチバチバチバチバチバチ!!!!!!
ゴンゴンゴンゴンゴンゴン!!
あぁ、ヤツやろ?ヤツやないんけ?やっとこさヤツがきたんちゃうんけ!?

ツッコミを耐えて竿を起こしま・・・強い!重い!!
しかし竿を起こせば7割8割は勝ちだと言い聞かせてクソぢからを出して竿を起こします・・・

ん~~~~あ~~~~ん~~~~あ~~~~
起きた!離れたっ!こっち向いた!!

思いっきり竿を煽って寄せにかかります。
なんとか寄せて月明かりのままタモ入れをします。
シブダイ 
I love you OK?
ふりかえれば 長くつらい道も
おまえだけを支えに釣り続けた
海辺に映える月明かりのように
俺のこの胸に いつもお前が燃えてる~~~~~

うしゃーーー!
やっと釣ったった^w^

スランプ脱出!

よかったです。本当にありがとうございます。
2匹目を追いましたが、この時点で2時ぐらい。
本当に疲れて、私がへばっていたら、、、

あららさんの竿が満月になっちょーやん!
やばか~~~!

タモをもって応援体制に!
これ、シブっすわ、絶対シブっすわ!取って!!!という思い。

私が取込やすいポイントに立っていたので誘導しましたが、取れそうなところまできていたのでそのままやり取りをされるあららさん。
おお、ウキがみえた。これは取れる!!!
さっとタモを出そうと準備しt・・・ふわっ・・・・

あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無情にも竿先が天を仰ぎます。

この後、私はダウン。あららさんが粘るも、お片付けタイムに。
朝焼けを眺めます。

朝焼け

夏海や
  釣り師どもが
      夢の跡 

朝焼け 
そして、次の夢がまた始まるのです。

高岩瀬付 
私は久しぶりにかいゆう丸さんで写真撮影。
すいません、おもいっきりドヤ顔しました。

ドヤ顔 

決して大漁とはいえないものの、久しぶりのシブに喜びを隠せません。
やはりするるーという釣りは夏が深まってこその釣りだと再認識しました。
これからの季節なのでしょう。
宮崎で年間通してやってみている私だから思うことかもしれません。

ようやく、私の夏が始まった気がした釣行となりました。

2017/07/02 鳥島 タロウ ★☆☆

宿直明けでも磯に乗りたいんじゃ!

宿直は6時に終わります。
大概の渡船は出てしまっています。

時間フリーの渡船が・・・あった!ありました!
ということで、今回は幸島・鳥島のマリンブルーさんにお世話になりました。


※陸側から写した幸島全景 渡船は右手の防波堤、石波(いしなみ)漁港から出ます。
幸島 

表があいていれば・・・とお願いして上げてもらった瀬はタロウ。
え、タロウいいんですか!?と、大喜び。
エサ取りは多いと思いますが、頑張ってください。魚はいると思いますよ、と船長。
夏場はそこまで競争率が高くないのかもしれませんね。



※向かって左がポイントです。
タロウ南側 
それにしても、私はアマゾン川流域に迷い込んだのでしょうか。
撒き餌を撒くとピラニアがワシャワシャとエサを貪ります。

ああ、暑さで幻覚を見ていたようです。
ピラニアではなく、ピラニア化したオヤビッチャ軍団でした・・・。

そんな状態でありますが、海の色はきれいです。
期待が高まりますが、スランプは続いているようで、あたりがありません。

そんなときは、磯を楽しんじゃいましょう。
せっかく、クーラーがあるんですから、アイスでも食べちゃいましょう。
こんな時のために買ったスペーザリミテッド!3面真空は伊達じゃない!
板氷の上に置いてたら、お昼前でもカッチカチだった!
アイス 
うめェ~~~

結論からいうと、今日はこれのために来たんじゃないかと思うほど。

それにしても、このバニラというチョイス。。。
真夏になんで!?と思われた方もいらっしゃるでしょう。
すいません、実はこのアイス、セブンイレブンの700円くじでたまたま当たったものです!笑

しかし、普段は行わないからこそ気づかせてくれた!
夏磯でアイスを食べる喜びを!(今度は氷系のアイスにしよう)

でもでもでもでも!
魚も釣りたいですよね!

先日のゆっくり落とす仕掛けで糸を張っていると、、、
コツコツコツ、クイッっと魚らしきアタリが!

アカハタ 
久しぶりの美味しい魚ちゃんゲットです。
40センチ弱でいいアカハタ。

お隣さんのジロウもヒット!
竿が絞り込まれてました。
ジロウ  
後からお話を伺うと、ヒブダイがあがったそうです。

タロウもジロウも粘りまして、17時ぐらいまで頑張らせていただきました。
しかしながら、お持ち帰りはこのアカハタのみ。
後ろ髪ひかれる思いで回収です。

回収 
いやぁ、ここまでスランプが続いたら反省しなければなりませんね。
これはもう一人で反省会を開催です。
いやぁ、、、反省、反省。猛反省。
アカハタ刺身  アカハタ煮付け  アカハタ味噌汁 
懇意にしている居酒屋でアカハタをやってもらいました。
刺身から煮付け、アラの味噌汁とフルコースです!
げ、、、元気がでる~~~~~!

さあ、あとはしっかり釣るだけです!

2017/06/24 水島1瀬 インキョ ☆☆☆

名礁に乗るプレッシャー

そんなものを感じたことは有りませんか?
この日は喜代丸さんで水島の名礁、インキョに乗せていただきました。

喜代丸さんではくじ引きで乗る所が決まります。
しかし今回はお客さんが少なく、事前の談合(笑)で場所が決まりました。
お客さんが少なかった理由は明確で、悪天候と日南海岸の一部通行止め。
※7月10日現在では片側交互通行。舳(へた)~藤が規制。

そんな悪天候でも釣りに行くんかい!
と、つっこみが入りそうですが、この日は曇天。
時々小雨がぱらつく中での釣行となりました。


さて、インキョからキビナゴとイワシを撒いてみます。
いつも通りの超大型イスズミ、オナガ、メジナ軍団が乱舞します。
魚達の活性はあるように見えます。

流れとしては水島を瀬に左から右方向、つまり上り方向に潮が流れています。
しかし、インキョを過ぎたところから、船着のほうへ大きく曲がります。
げげげ、吐き出しだ、、、なんて嫌~な予感がよぎります。

お、予想外にウキが斜めに走ります。
手にもパラパラと小気味良いアタリが・・・

オオカマス 
ちょいと写真が不鮮明ですが、オオカマスではないかと思っています。
大きさは40cm程度で、結構な太さでした。

幸先の良い滑り出しでしたが、当たりがピタっと止まります。 
ボーっとする時間が増えます。

インキョからスベリを見ていると、時折イスズミが上がっています。
やはり皆さん、大苦戦のご様子。

結果的にお持ち帰りはこの1尾。

インキョにのってこれ?
なんて言われてしまいそうです。まさに名礁のプレッシャー!
引き出しの少なさを痛感します。
スランプを抜け出せるのはいつになるのか・・・


次回はやっと7月の釣行記。
鳥島と大島の釣行記をストックしています。
それでは、また!