FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/5/22 山口 蓋井島 神棚 ★☆☆

白島に行けない!?

遅めのゴールデンウィークを奇跡的にゲットすることができた私ですが、せっかくなので実家に帰ってきました。
実家に連絡すると、親父が釣りに行きたいとのこと。
白島を予約してくれたみたいで、楽しみにしていました。

ところが前日、あいにく月曜日の平日ということもあって人が集まらずに出港できませんでした。とても残念!


・・・気を取り直して、今度は私が蓋井島の春日丸に掛けてみますが、なんと船長が体調不良でダウン。


え、この感じ、、、やばない!?


と、ドキドキしていましたが、蓋井島は2隻体制。黒潮丸さんに連絡すると、半夜が出るよ~とのこと。
正直、ほっと胸をなでおろします。
黒潮丸




さて、蓋井島。山口県下関市の沖合に浮かぶこの島は人口100名弱で定期便もでています。
この島ではエミューというダチョウの一種が飼育されており、オイルなどが特産品となっています。

そんな大きな島ですが、山陰界隈ではとても有名な島です。
あの平和卓也さんや高橋哲也さんなども訪れたことがあります。

※外部サイトyoutube
ピース ザ・ムービー 蓋井島 前編
ピース ザ・ムービー 蓋井島 後編

さて、平和さんじゃないですが、(ほぼ)梅雨グレの蓋井島。
いや~な予感が漂いますが、9時出船で釣り場へ向かいました。

名礁水島にルアーマンをおろし、カケアガリに一人おろし、次に私達がコールされます。
え、この次にコールされるのって神棚じゃね!?と、興奮していたら本当に神棚ゲット。
下がり気味だったテンションがあがります。
※外部サイト 九州釣り場データベース
神棚 釣り場マップ

と、テンションが上がったのはここまで。
撒き餌を巻くと無数のスズメダイ、ウマヅラ、フグ、イワシなどなど・・・うへぇ・・・
潮もダラダラとキレません。頼みの綱のワレからのサラシもありません。

うーむ、テンションガチ下がりです。

ですが、この程度で心を折ってもしかたありません。事前のテーマを思い出します。
この日のテーマは「半誘導でしっかりとタナをとって狙い通りに釣る」こと。
平和さんが降りたこの島で、TGピースマスターの遠投を使うのはなんかちょっと感動。

エサトリを寄せるための撒き餌を手前に5杯。遠投してカケアガリになっている上の潮筋に1,2杯。
このリズムを作りながら、流していきます。
仕掛けの馴染みを調整して3投目でしょうか・・・ウキがきれいに入ります!

すかさず合わせてゴリ巻きすると、サーフィンして上がってきたのは手のひら木っ端です。

今日はこのサイズの数を釣りながら、足裏を拾っていく感じだろうな・・・と頭をよぎります。

そしてその予感は現実のものとなりました。
状況が劇的に変化することなく、潮はふらふら、途中は当て潮になったりと、、、さんざん釣りにくい状況です。
ですが、コンスタントにあがってくる手のひらと足裏。
神棚クロ2
神棚クロ

途中は親父に釣り方を教えます。
その甲斐あってか、親父が30オーバーを1匹釣り上げてくれたのがとても嬉し・・・いかよ、悔しいですよこんちくしょう!
ですので、写真はありません。笑

いやいや、本当に嬉しかったのですが、悔しいのも本音。

しかしまぁ、大きなクロは全然釣れませんでした。

途中飽きた時はキビナゴで中型のカサゴをゲットしておきました。
ですので、舌のこえているじさま、ばさまも安心です。
トーナメンターではありませんので、どうしようもないときは違うことして違う魚を釣ります。

上物釣り師としてのプライド・・・?ありませんよそんなものは( ・´ー・`)

結果は足裏が12枚(うち、親父の2枚含む)。
反省点としては、クロがダメな状況だったのですから、チヌや真鯛を狙ってみるなどすればよかったです。
この日は1本半までしか入れ込まなかったように思います。
せっかくの神棚だったのにな~・・・。

まだリベンジを誓うのでした。
神棚夕焼け
神棚右
神棚左

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。