FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/2/12 水島3瀬 ★☆☆

この日は冬の水温が低いときでもキビナゴが通じるのか調査に行ってきました。
結果から言うと、惨敗です。

渡船の待ち合わせ場所に到着すると、なにやら賑わっています。どうやら、九州真ぐれ会の大会があるようです。
私は水島3瀬に渡礁しましたが、大会の方々と同礁する形になりました。せっかくですので、どうぞとじゃんけんもなしに場所をお譲りさせていただきました。馬の鞍から船着までを数名で釣られていたようです。

そんな中、私は4瀬よりに釣り座を構えます。午前中はダラダラと1瀬向きに登り潮が入っていました。

最初はガツンと一発狙いでアジを泳がせます。
いやぁ、冬の海ですね。全く反応がありません。ライブウェルに入れていたアジも海水が冷たくなりすぎて全滅。
するる~に切り替えます。するる~といっても、私の場合はあまりキビナゴを撒き餌にはしません。イワシを撒き餌にします。
そもそもするる~と言って良いんだろうか、、、?と、疑問に思いながらこの釣りをやってます。

それにしても冬場の海、寒いです。水くみバケツで汲んだ水もまだ冷たい・・・
ウキも沈まず、今日はだめかと諦めかけましたが、ウキがスッっと入ってラインが指を弾きます。
大興奮しましたが、いつものイトヒキアジが上がってきました。
嬉しいのですが、「何だ、君かぁ~~~!」と平和卓也さん風に言いたくなるところです。

こうして冬場の調査は終わりました。
結論は出せませんが、イトヒキアジが釣れるのであれば、他にも南方系の大型魚が釣れるはずです。
来年も継続調査をしなければなりません。


※水島の位置関係についてはこちらを参照(ルミカ提供:九州釣り場データベース)
http://www.q.turi.ne.jp/turiba_DB/miyazaki/MSn_mizushima.html

水島イトヒキアジ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。