FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/4/16 島野浦 平瀬 ★★☆

2月まではものすごく忙しいながらも、ポツポツと釣りに行けましたが、3月は全く釣行できませんでした。
4月の最初は4/16にY氏よりお誘いがあって島野浦へ、あゆ丸さんにお世話になりました。

平瀬に乗りたかったのですが、午前中は波をかぶっていて渡礁できません。
平瀬の裏側に乗せていただきました。Y氏は底物、私は上物で竿を出します。

事件発生です。

Y氏、一投目から竿がブチ曲がっています。竿を起こせない!と叫ぶY氏を横目に余裕で写真を取る私。
「竿起こさないとおだめですよ~」なんてのん気に声援を送りますが、根に潜られてしまったよう。。。
船長に話をすると、ハマフエフキの10キロクラスが出ることがあるそうでした。モンスターが潜んでいます。

午前中は波が高く荒れて話にならない状況でしたが、足元を専用の仕掛けで探ってみると、キモパンの尺超えカワハギがあがってきました。お土産には最高の一匹です。

北浦横瀬裏のカワハギは尺超え

午後には瀬変わりで平瀬に。本命の場所です。
Y氏は実績のある石鯛ポイントに構えます。私はワレのある中央付近から出ているサラシを攻めます。

サラシがきつく、ただ流しているだけでは仕掛けが馴染みません。
ラインを手前に取られないように意識しながら、沖に送っていくと、意外と軽い仕掛けでも入っていくのが実感できました。
ただ、入っていくのは良いんですが・・・魚からの返事がありません。このサラシは本命ではないのかもしれません。

じっくり観察してみると…沖目、遠投しなければならないポイントはゆっくりと左から右に流れているようで、このサラシとぶつかっています。
ウキをTurikenAsiaLCの0αに変え、遠投して狙います。撒餌の打ち方を変化させながら数投していると、30cmちょいの口太があがってきました。さほど大きくはないものの、待望の1匹は嬉しいものです。

北浦横瀬の尺程度のクチブト

しかし、この後ゆったりとした流れは続かず激流とかわります。結局…メジナはこの1匹のみでした。

メジナではありませんがドラマがあと1回だけ待っていました。
流れもサラシもきつい表ですが、裏の島野浦本島との水道は比較的落ち着いています。
様子見で撒餌を打っていると、流れはありますが多少のエサ取りが上がってくるのが見えます。
普段メジナの釣果が望めるところではありませんが、思い切って攻めてみます。

すると3投目、ウキが勢い良く消し込みます。合わせを入れると確かな重みを感じます。
ただ、明らかにメジナではない!叩くし重いし、遅いし、なんだろう?と…
駆けつけてくれたY氏には「サンちゃんじゃないっすかぁ?」とか言っちゃって、やり取りが雑になります。

やがてウキが見え、観察していると…なんか銀色!チヌか!?




なんと、サンバソウ。
北浦横瀬水道側でオキアミを拾ったサンバソウ

これを最後に納竿しました。
メジナとしては「う~ん」な釣果ですが、お土産からみるとぼちぼちでした。
また今度はカワハギ専門で行こうかと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。